ブリオとプラレールはどっちがおすすめ?値段や年齢など比較してみた

ブリオとプラレールの比較

子供の知育玩具を購入するなら「どんなものを購入しようか?」と悩む人もいるでしょう。もし鉄道玩具を購入するなら有名なメーカーで言うと「プラレール」と「ブリオ」があります。「ブリオ」と「プラレール」は電車のおもちゃをいろいろ販売しているため、種類も多くてクオリティも高く、しかも子供たちに人気です。

ただ、「プリオ」と「プラレール」のどちらかを購入するときに「どっちがいいのか?」と悩んでしまう人もいるでしょう。「プリオ」と「プラレール」はどちらがおすすめなのか簡単に解説していきましょう。

目次

ブリオ プラレールはどちらがおすすめ?簡単比較表

まずは「ブリオ」と「プラレール」についての特徴を表でまとめてみました。それぞれの価格と種類と対象年齢は以下をご覧ください。

値段種類対象年齢
プリオ2,000〜20,000円レール10種類以上2〜3歳
プラレール1,000〜20,000円レール28種類以上4〜6歳


上記のようになっていいます。値段の比較を見ると、「ブリオ」も「プラレール」はあまり変わりません。ただ、「ブリオ」は電車やレール1つ1つの価格が高く、「プラレール」はトーマスなどがセットで販売されていることがあるので、「プラレール」の方が購入しやすいかもしれません。

レールの種類は「プラレール」の方が多いです。種類が多いと言うことは、子供の遊びの自由度が高くなるため、子供の遊び方によって分かれてきます。

対象年齢を見ると「ブリオ」は2〜3歳ほどを対象としておもちゃが多く、「プラレール」は4〜6歳ほどの学校に行く前の年齢を対象としています。

それぞれの値段と種類と対象年齢を比較して、自分の子供にはどちらが良いのか考えてみましょう。

ブリオのメリット・デメリット


知育玩具として「ブリオ」のおもちゃの購入を考えるなら「どんなメリットやデメリットがあるのだろうか?」と特徴を把握しておきたいでしょう。「ブリオ」のメリットとデメリットについて内容を紹介していきましょう。

デメリット

まずは「ブリオ」のデメリットから解説していきます。1つ目は工夫に限界があることです。「ブリオ」は対象年齢が2〜3歳ほどなので複雑ではなくシンプルな作りとなっています。シンプルなため子供もわかりやすくレールを組んでいくことができますが、複雑なレイアウトを組むことはできず、レールは平坦な道となってしまうことが多いです。

坂道レールなどレールの種類もありますが「プラレール」と比較してもレールの種類は少ないので、レールを工夫していろいろな電車の走り方をしたい子供や子供の想像力などを向上させたい意向があるなら「ブリオ」では物足りなさを感じるかもしれません。

2つ目は価格が少し高いです。「ブリオ」はレールでも1つ1つの値段が高めに設定されているので、全てのレールを揃えようと思うなら、結構な出費が出てしまうこともあります。1つ1つが木製なので高級感はありますが、購入して子供が直ぐに飽きてしまうと費用面で後悔してしまう人もいるでしょう。

子供がどれくらい遊ぶのか分からないなら、まずは少量のセットで手応えを確認するなどして反応を見ることが大事です。

メリット

「ブリオ」を購入するメリットについても解説していきましょう。1つ目は木製なので子供に対して安心することができることです。木製だと手にしっかりフィットしやすいので、小さな子供でもしっかり握って遊ぶことができます。

木製の感触も小さな子供にとっては心地良さを感じてもらうことができ、頭にも良い刺激がいくので子供の知育発達も期待することができます。

2つ目のメリットは簡単にレールを繋ぐことができることです。「ブリオ」のレールは上から置くだけで簡単にフィットして連結できるようになっています。力を入れなくても連結できるようになっているので、2〜3歳の子供の力でも全く問題ありません。小さな子供でも自分でレールを組んで完成させることができれば達成感を得ることができ、自信につなげることができます。

3つ目のメリットは「ブリオ」は小さな子供用に可愛く仕上げていることです。「ブリオ」には電車以外に駅や人などもありますが、全て作りが可愛くなっているのでお洒落なインテリアとしても利用することができます。子供が飽きてしまった場合も木製なので家の中のインテリアとして利用するとおしゃれな空間とすることも可能です。

プラレールのメリット・デメリット

「プラレール」のおもちゃを購入することを考えているなら、メリットとデメリットを押さえておきましょう。「プラレール」のメリットとデメリットは以下のようになっています。

デメリット


「プラレール」の1つ目のデメリットは電池が必要なことです。「プラレール」の電車はどれも動かすために電池をセットしなくてはならず、電池が無ければ動かせません。しかも、電池の消費も激しいので、子供が長時間「プラレール」で遊んでいると直ぐに電池が消費して交換しなくてはいけません。

子供では電池をスムーズに交換することができないこともあり。電池が無くなれば子供から電池の交換を要求されて面倒に感じてしまうこともあります。遊べば遊ぶほど知育発達も行えますが電池代もかかるため、費用の計算もしておかなければいけません。

2つ目のデメリットはレイアウトするのが複雑なことです。「プラレール」はレールの種類が多いので、その分複雑なレイアウトを行うことも可能です。しかし、子供の発達度合いによってはレイアウトが難しくて組み立てができないこともあります。子供が遊びに慣れてきて自分1人で遊べるようになるには時間がかかることもあります。

「プラレール」にはこのようなデメリットがあることを覚えておきましょう。

メリット

「プラレール」で子供に遊んでもらうことにはメリットも多いです。1つ目のメリットはリアル感と電車の豊富な種類です。「プラレール」の電車は実際の電車を小さくしたようなリアル感を出しているため、子供も電車のデザインや形など目から入ってくる情報を鮮明に覚えることができます。

また、電車も新幹線や特急列車、貨物列車など多くの種類があるため、いろいろな電車を覚えることができ発達の成長にも期待できます。かっこいい電車も多くあるため、子供の興味が湧きやすく長い期間遊ぶ子供が多くいます。

2つ目は自由度の高さです。「プラレール」にはいろいろなレールがあるため、自分で工夫して路線を組む楽しさがあります。坂道レールはもちろん、踏切や路線変更など工夫して様々なレイアウトを組むことができます。複雑な分最初は苦戦する子供も多いですが、慣れてくれば楽しく遊べます。

3つ目は付属品の工夫です。「プラレール」には路線変更や踏切などの付属品を使用して電車を自由に動かすことができます。電車が走っている間に路線変更で道を切り替えたり、人形を使用して踏切を渡らせるなど、眺めるだけでなく自分もいろいろな行動をとることができます。

このようなメリットがあり、子供は楽しく遊ぶことができるでしょう。

ブリオ プラレールは結局どっちがいい?


「プリオ」と「プラレール」を比較してみるなら「どっちでも遊ぶのがいいの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。結論としては「ブリオ」はシンプルな遊びが楽しめる2〜3歳の子供、「プラレール」はある程度考えて遊べる4〜6歳ほどの子供におすすめです。

子供の年齢に合わせておもちゃを選ぶなら、子供も楽しく遊べますし、子供の成長の糧ともなるでしょう。ただ、「ブリオ」も「プラレール」もある程度レールや電車などを買い揃える必要があります。

ぜひ、子供の知育玩具として利用してみましょう。

おもちゃのサブスク5社を徹底比較した記事はこちら

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA


目次
閉じる